前回に引き続き9月1日に展示会プラフェスにて設営したレイアウトのご紹介です。

IMG_8946
 楕円形のレイアウトに一部分岐レールを付けて作成したレイアウト。下二段が通常のプラレール車両が走る線路になっており、上二つが懸垂式・跨座式モノレールが走れるレイアウトになっています。
 またカラフルなレール・橋脚が多く残っていたこともあり、見た目としてとても賑やかなレイアウトに仕上げることが出来ました。

P1070452
 下二段は中央に向かう分岐があるのが特徴。最大で計4本の列車を走らせることができます。

IMG_8986
 上2段はモノレール橋脚及びモノレールフックを取り付け懸垂式・跨座式のモノレールが走れる仕様にしました。モノレールのプラレールはとても珍しいため展示ケースを通りかかった人が物珍しそうに見てくれました。また私が所有する東京モノレール車両が家の外で初めて走行したことにもなりました。

IMG_8948
 そしてレイアウト中央には単線複線ポイントレールと複線幅広ポイントレールを用いた意匠を用意。車両はここの下を潜り抜けることができます。
 ポイントレールの下に緑色の直線レールをモノ橋脚で跨がせました。この緑色も良いアクセントになったのではないかと思います。

IMG_8951
 それでは9月1日のプラレールレイアウトその2でした。次回は最後となる3番目のレイアウトをご紹介します。